〒574-0036 大阪府大東市末広町12-11 メゾンドショコラ101

めまい

めまい

めまいとは?

めまいは、回転性(ぐるぐる)、浮動性(ふらふら)、失神性(血の気がひく)など症状があり、三半規管、耳石器、前庭、脳幹、小脳、大脳皮質などが障害されると生じ、不安でもおきる場合があります。当院では、主に内耳性めまい(末梢性めまい)の治療を行い、 他の原因の場合(中枢性めまいや心因性めまいなど)は、診療可能な病院へご紹介しております。

めまいの検査
  • 純音聴力検査
  • 赤外線CCD眼振検査
  • 必要に応じて、重心動揺検査、シェロングテスト(血圧・心拍数測定)、瘻孔症状テスト、HIT(head Impulse test)、迅速血液検査(貧血の有無)、側頭骨(耳、耳小骨)CT検査などを行います。

めまいの検査では、以上の検査を行い診断致します。また上記で診断困難な場合もあり、総合病院や大学病院へ精査目的に紹介もしております。

大人のめまい症

主な疾患

主に以下の疾患があり、できる限り原因の究明に努めます。当院で可能な治療は行います。

  • 良性発作性頭位めまい症(BPPV)

後半規管型、外側半規管型(半規管結石症)、外側半規管型(クプラ結石症)のサブタイプがあり、上記の検査で診断致します。内服薬は効果なく半規管内に迷入した耳石を頭部の運動により前庭へと移動させることを目的とした頭位治療を行います。ただしBPPVは、耳石器の障害により浮動感がある場合がありその場合は内服加療を行います。

  • メニエール病、遅発性内リンパ水腫

メニエール病は、蝸牛型や前庭型の非定型例もありますが、検査にて診断し治療致します。
めまい発作時は、回転性めまいや歩行困難などの症状が強い場合が多く、総合病院への紹介が必要になる場合があります。

  • 前庭神経炎、前庭機能低下症
  • 突発性難聴とそれに伴うめまい症
  • 起立性調節障害
  • 中耳炎によるめまい(真珠腫性中耳炎など)
  • 前庭性片頭痛
  • PPPD(持続性知覚性姿勢誘発めまい)
  • 聴神経腫瘍、脳の病気によるめまい(脳梗塞、神経疾患など)
  • 心因性めまい、姿勢恐怖性めまい、パニック障害
  • 上半規管裂隙症候群、外リンパ瘻
  • 高齢者のめまい(側頭葉性めまい)

小児のめまい症

主な原因

以下が主な原因になります。当院で可能な治療は行います。
総合病院などでの精査加療が必要になる場合があります。

  • 前庭性片頭痛
  • 良性発作性めまい症(BPV)
  • 前庭機能障害
  • 心因性めまい
  • 起立性調節障害

めまいの症状は、軽度から重度までさまざまですが、脳の病気など重篤な疾患もあります。
まためまいや嘔気などにより安静が必要で入院治療が必要な場合があります。重度の症状(歩行できない、嘔気が強く水分も取れない、頭痛が強いなど)がある場合は、救急の受診をお勧め致します。

診療内容一覧に戻る